キャッシュフロー講座

キャッシュフロー講座について

従来より財務諸表といわれる損益計算書と貸借対照表だけでは、期間損益の集計結果と期末時点における資産・負債しかわからず、期中の経営活動を把握しきれないため、「黒字倒産」というような非常に大きな問題さえも把握が難しいのが現実です。損益計算書から求める利益や貸借対照表から求める資産・負債は、会計処理における企業の裁量部分が大きく、あってはならないことですが、人為的操作で粉飾することも可能です。しかし、キャッシュフロー計算書は、現金の流出入という事実に着目するため、会計処理方法の相違による影響は受けません。企業の含み益を見込んで、バブル期には喜んで資金を融資していた金融機関も、バブル崩壊後、多額の不良債権を抱えることになり、金融機関の企業を視る視点も、これまでの財務諸表により判断できる「どれだけ利益を伸ばすことができるか?」から、さらに、キャッシュフロー計算書により判断できる「現金(キャッシュ)をどれだけ増やすことができているか?」へ重点がシフトしています。
このような時代背景からキャッシュフロー計算書では、一会計期間におけるキャッシュフローの増加・減少を3つに区分(営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフロー)して計算・表示します。本講座では、経理・財務職、経営・管理職にとって必須の知識であるキャッシュフロー計算書の基本をわかりやすく学習します。

講座DATA
回数期間
4回1ヶ月〜

資格をとるなら 資格スクール 大栄

お電話でのお問い合わせは各教室までお気軽に
北信越 北海道 東北 九州沖縄 関東 東海 関西 中国・四国

通信講座ネバギバ

CMギャラリー

キャンペーン情報

全額OFF

公務員講座

日商簿記3講座

医療事務合格パック

医療事務合格パック

社労士合格パック

宅建合格パック

司法書士講座

通信講座 受講生の方

受講ログイン