財務分析講座

財務分析講座について

簿記会計の最終目的は、財務諸表(貸借対照表及び損益計算書等)作成することです。そして、この作成された財務諸表から企業のありとあらゆる面が見えてくるのも事実です。
財務分析の手法は、主として、一般企業や金融機関などが取引先企業に対し、今後取引や投資または融資をする際に用いられます。取引先企業の財務諸表を入手し、この企業に投資をして、取引をして、融資をして本当に大丈夫なのか?といった判断を行います。
その判断をするポイントして4つの視点からの分析を行います。まず、企業が投資家や銀行から調達した資金を効率的に使い(投下資本)、どれぐらいの収益(儲け)を生み出しているかを分析します。これを、収益性分析といいます。次に、いかに収益性が高いといってもその企業の資金収支のバランスが崩れ、資金不足に陥ってしまうと企業は倒産します。そのため、短期的な支払能力、資金調達と運用の妥当性、資本構成といった点を分析します。これを、安全性分析といいます。
また、企業が投入した経営資源から、付加価値をどれだけ生み出しているかを分析します。これを生産性分析といいます。最後に、売上高、利益、総資産などの額を数期にわたりデータ化し分析を行います。これを、成長性分析といいます。このように、財務諸表に記載されている数値(金額)から様々なことを分析し、企業経営を行っていく判断材料としていくわけですから、経理・財務職の方はもちろん、営業職の方または管理職の方にも必須の知識です。

講座DATA
時間回数期間
2.5時間2回2週間〜

資格をとるなら 資格スクール 大栄

お電話でのお問い合わせは各教室までお気軽に
北信越 北海道 東北 九州沖縄 関東 東海 関西 中国・四国

通信講座ネバギバ

CMギャラリー

キャンペーン情報

全額OFF

公務員講座

日商簿記3講座

医療事務合格パック

医療事務合格パック

社労士合格パック

宅建合格パック

司法書士講座

通信講座 受講生の方

受講ログイン