一次試験から二次試験対策まで万全 医療事務資格講座

大栄の医療事務資格講座

取得しておきたい資格として上位ランクに入ることの多い医療事務試験の合格を目指す講座です。
この資格は主に病院などの医療機関での就職の強みになり、役立ちます。年齢・地域に関係なく医療業界での就業未経験者でも、病院等の医療機関で就業することは充分可能です。まずはしっかりとした知識やスキルを身につけ、それらの証明できる資格を取って自分をアピールしていきましょう!さまざまなコースもご用意しています。

「資格取得」×「就業」。
医療事務として“働く”ための新しい医療事務講座です。

医療事務ってどんな仕事?

職場は病院内のキーステーション。
重要な任務を担う医療事務には、やりがいがいっぱいあります。

病院だけでなく、歯科や調剤薬局、また保険者や審査支払機関、健康診断センター、医事コンピューターや電子カルテのメーカー、介護関係の事務等、医療事務を基盤としての就業は多岐にわたります。

◇受付業務
患者さんや来訪の方にとっては“病院の顔”というイメージがあり、特に患者さんには気持ちよく診療を受けられるように、常に親しみのある笑顔を心がけて対応する仕事です。
◇診療報酬請求業務
医療費については、患者さんの負担した金額を除いて、残りは保険者(協会けんぽや健康保険組合)に請求する仕組みになっています。診療報酬明細書(レセプト)の作成点検は月末から月初にかけての約10日間程度に集中して行う仕事です。
◇会計業務
投薬料、注射料、レントゲン料などの診療に関する計算を行い、会計窓口では、患者さんの負担分を計算し、その金額をいただくことになります。
◇病歴・カルテ管理業務
診療録(カルテ)には患者さん一人ひとりの診療の記録とともに、入退院歴や家族構成などプライバシーに関することが記載されています。そのカルテに基づき、患者さんのデータや病院のデータ管理などを行います。
◇病棟クラーク
入院施設のある医療機関で、入院患者さんのカルテをはじめ、書類の作成その他諸手続を病棟で行います。
【 例 】 大学病院等の医療系職種
外来 新患受付
再来受付
各種診療科受付
検査等受付
診療費算定・請求
収納(経理課所属の場合有)
入退院 入退院受付
診療費算定・請求
一般事務 庶務的業務
債権関係
診療契約
統計関係
福祉関係
診療情報管理室
電算室
その他(地域連携室等)
秘書 医局秘書
教授秘書
外来秘書
医師事務作業補助

だから! 医療事務は人気!!

人気の理由 その1

さまざまな勤務形態

人気の理由 その2

ライフスタイルに合わせ、再就職がしやすい

引っ越しや勤務形態など、何らかの理由で職場を変える際に、数ある医療事務の資格の中では難易度の高い「診療報酬請求事務能力認定試験(※)」があなたの強みに!

(※)『診療報酬請求事務能力認定試験』は内閣府が認定した財団が実施する試験です。

医療の知識なんて
全くないし…
合格を目指せる
気がしない…
  • 働きながら
  • 子育て
    しながら
  • 学校に
    通いながら

そんな方にこそオススメしたい
大栄 医療事務講座 “4つのポイント”

POINT1

初心者からでも安心! 「大栄」×「ソラスト」ブランド

日本初の医療事務の専門養成機関として、医療関連事業の現場で即戦力となる人材を輩出してきたソラスト社と大栄が提携。長年のノウハウを活かし、受講から資格取得、就職まで、誰でも理解しやすいテキストです。

  • POINT

    イラストや表を使って理解しやすい構成

    誌面では初心者の方でもわかりやすいように、イラストや表、図解も豊富。ひと目でイメージをつかむことが理解への早道です。

  • POINT

    ポイントを絞った解説で効率的に理解

    理解が難しい「公費負担医療制度」も、制度の種類から、仕組みまで体系立てて解説。言葉の意味など、ポイントを絞って解説しています。

  • POINT

    単元ごとの練習問題で知識を確実に習得

    「院外処方」では、患者さんが保険薬局で薬を受け取るまでの流れをフローチャートで掲載。単元ごとに練習問題がついているため、学習した知識が着実に身につきます。

  • POINT

    現場で使われる実際のレセプトを使って学習

    実際に医療現場で使われている「医科」のレセプトを題材に、点数の見方、記入の仕方などを解説。

POINT2

「自宅」×「校舎」のハイブリッド学習

通信や独学で、最後までやり遂げるには不安が…
でも通学に何回も行けるほど今 余裕ないし…

そんな方にオススメ

「自宅学習」 × 「校舎学習」

  • 「自宅学習」

    「自宅」で、好きな時間に携帯やパソコンから視聴できる映像授業で、基礎知識をインプット。

  • 「校舎学習」

    アウトプットは環境を変えて「校舎」で。応用的な知識も習得でき、より理解が深まります。

POINT

校舎には、医療事務資格や試験に詳しいプロのキャリアナビゲーターが常駐しています。
「受験日程」 「効率的な学習方法」 「学習スケジュール」など、いつでも相談でき、受験まで万全の準備ができます。

医療事務本科 基礎講座カリキュラム
第1回 医療機関概要、医療保険のしくみ 自宅
第2回 その他の仕事 自宅
第3回 関連制度、医療事務の基礎 自宅
第4回 初再診料 原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第5回 医学管理
在宅医療
原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第6回 投薬注射 原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第7回 処置
リハビリ
原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第8回 検査
病理診断
原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第9回 手術
麻酔
原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第10回 画像診断
精神科専門療法
放射線治療
原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第11回 入院 原理原則 自宅
算定問題 自宅
セクション演習 校舎
第12回 復習テスト 復習テスト 自宅
解答解説 校舎
POINT3

「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格が目指せる!

まったくの初心者の方でも、“POINT2”で触れた効率的な学習方法でしっかり学ぶことにより、合格率が約30%の難関資格「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格を目指せます。
合格が難しい資格だからこそ、あなたの強みとなります。
資格スクール大栄は、あなたの資格の取得を全力でサポートします。

診療報酬請求事務能力認定試験 概要
受験資格 なし
受験科目 医科、歯科(当講座は、医科試験に対応)
学科試験、実技試験 →実技=レセプト作成
出題範囲 《学科》
①医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
②保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
③診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
④医療用語及び医学・薬学の基礎知識
⑤医療関係法規の基礎知識
⑥介護保険制度の概要

《実技試験》
診療報酬請求事務の実技(診療報酬点数表、その他の資料持込みが可能)
本試験時期 年2回(毎年7月・12月)、日曜日または祝日
試験時間:13時~16時
受験手続 試験の約3ヵ月前~1ヵ月前期間内
試験地 全国17ヵ所
札幌市、仙台市、東京都、さいたま市、千葉市、横浜市、新潟市、金沢市、静岡市、名古屋市、大阪府、岡山市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市
合格発表 7月受験→9月頃発表
12月受験→翌年2月頃発表
実施団体 公益財団法人 日本医療保険事務協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-5-3 児谷ビル
TEL:03-3252-3811 FAX:03-3252-2233
http://www.shaho.co.jp/iryojimu/
合格率
POINT4

安心の就業サポート

修了後は、約50年にわたり全国の病院・医療機関への医療事務派遣の実績を積み重ねてきた、ソラスト社の就業サポートを受けることができます。最寄りの校舎で開催される修了生限定の就業説明会に参加できるなど、医療事務への就業機会をサポートします。

  • 就業説明会

  • 就業希望調査

  • 勤務地での就業

講座説明会のお申込みはこちら 体験入学のお申込はこちら

開講講座のご案内

合格コース

公的試験である「診療報酬請求事務能力認定試験」に加え、医療事務管理士®技能認定試験の合格を目標に学習するコースです。修了後は病院・医療機関への就業実績を持つソラスト社の就業サポートを受けることが可能!将来を考え、確かな資格を取っておきたいという方に最適なコースです。

  • 回数
    42回
  • 期間
    4ヶ月~

答案練習講座

診療報酬請求事務能力認定試験が実施される毎年、7月、12月の約1.5ヶ月前から答案練習講座を実施します。本試験にあわせて、学科、外来、入院の全3回で構成されています。医療事務本科講座で身につけたインプット(基本知識の理解吸収)の力をベースに、各科目とも直近の試験傾向を分析し、重要事項の開設と演習問題でアウトプット(答案作成)の力を養成します。

  • 回数
    6回
  • 期間
    1ヶ月~

医療秘書講座

医療秘書の業務を行ううえで必要な技術を学びます。医療秘書は忙しい上司や幹部、専門職を補佐し、書類作成・整理、医療情報収集・整理、上司のスケジュール管理、来客対応、電話応答などを行います。

  • 回数
    10回
  • 期間
    2ヵ月~

開発者VOICE

大森しのぶ

医療事務を学習いただく方の中で、過去学習経験があり途中で挫折された方も少なくありません。医療事務の資格は「容易に取得できる・・・」と思われていることが多いため、学習を始め予想よりも難しい内容に、継続ができなくなってしまうのです。
しかし、医療業界はますます高度で先進的な医療へとかわり、医療事務員の業務も「経験」だけでは成り立たず、最先端広く深い知識が求められるようになっています。
そのため、リンクアカデミーでは、あえて最高峰の資格の取得を目指す講座設定としています。しかし、そのままでは前述の通り「容易に勉強したい」×「ハイレベル資格が有利」という格差が出てしまいます。そのギャップを埋めるために、リンクアカデミーの医療事務講座では、段階的な学習方法を取り入れています。
分かりやすいテキストを使用したインプット授業「原理・原則」、インプットの内容を使用した簡単演習となる「算定練習」、最後にカルテ形式の問題を使用したアウトプット授業「セクション演習」です。
この「原理・原則」⇒「算定演習」⇒「セクション演習」という3つの階段を段階的に上っていただくことで、最後にはハイレベルな資格の取得を目指していただける力をつけていただければと思っています。

教材の特長

医療事務の学習内容となる「診療報酬の請求」には、“専門的知識が羅列されたカルテ”を読み取る必要があります。そのため、基礎的学習の「インプット期」のテキストには、挿絵や図を使用して、初めて医療事務を学習する方でも理解しやすいつくりとなっています。また、理解を定着させるために必要な演習問題も1項目ずつ演習を行う「算定問題」、全体を通して本当のカルテのような作りの「カルテ問題」と段階を持たせることで、自然と初学者でもカルテを読み取る力が付く流れとなっています。
また、試験対策となる答案練習教材では、試験の傾向を読み取り、頻回に出題される項目を盛り込んだ本番同様の難易度の高い問題や、それ以上の難易度の問題も解答できるハイレベルな力を付ける内容です。