住宅に関わる重要な法令を修得 宅建士(宅地建物取引士)資格講座

大栄の宅建士(宅地建物取引士)資格講座

毎年約20万人が受験する宅建士(宅地建物取引士)の合格を目指す講座です。
宅建士取引業(不動産売買や賃貸の仲介など)を行う事務所では、従業員5名に1名以上の割合で取引主任者を設置しなければ業務 ができないため、不動産関係の業界の方にはもちろん、物件の査定を行う銀行など不動産に少しでも関わる企業であれば、宅建士資 格を評価するケースも多くあります。広い業種で武器として活かせる国家資格です。

宅建士ってどんな仕事?

物件の取引に関するエキスパート

「宅地建物取引士」という名称にもなっているように、宅建士は建物取引の際に必要な資格となっております。物件購入は人生にとって大きな買い物。あとで、知らなかった!損をした!とならないよう、購入者を保護する目的から宅地建物取引業法が定められております。

「宅建士」にしかできない仕事

以下のやり取りは、「宅建士」が行わなければならない事項になります。

  • ◎重要事項の説明

    ……宅地建物取引士は、取引物件の買主・借主などに対して、契約するまでの間に、取引物件についての重要事項(物件の名義人は誰か、私道負担がないか、物件について電気・水道・ガス設備の状態など)を記載した書面を渡して、その内容を説明しなければならない。
  • ◎重要事項説明書への記名・押印

    ……宅地建物取引士は、重要事項説明書に記名・押印をして交付しなければならない。
  • ◎契約成立後交付すべき書面(契約書)への記名・押印

    ……宅地建物取引士は、取引物件について契約が成立すれば、その当事者に対して、契約内容(売買代金、物件引き渡しの時期など)を記載した書面に記名・押印をして渡さなければならない。

つまり、「宅建士が居なければ不動産取引ができない」ということです。
すべての不動産を取引する場面で宅建士の資格を持っている人が必要。この事実だけでも日本中に不動産があることから、宅建士の需要がお分かりいただけるのではないでしょうか。

宅建士はこんな方にオススメ

まずはもちろん不動産業界を目指す方。すでに従事されている方。

事務所5人に1人以上

「宅建業者のそれぞれの事務所について、そこに務める従業者の数に対し、常勤する宅建士の割合が5人に1人以上でなければならない。」と宅地建物取引業法で定められていることもあり、不動産業界で働くことを目指す方にとって、宅建士に合格することは非常に有効です。
5人に1人という基準があるとは言え、実際には全員取得を勧められている企業も多くあります。また、有資格者には会社から手当がつくこともあり、長く務めるのであれば早期取得がオススメ!不動産業界で働くのであれば、文字通り、持っていて損がない資格なのです。

不動産業界だけじゃない。暮らし・仕事への活用にもオススメできる資格!

役立つ業界が幅広い「宅建士」

宅建士って、不動産関係の資格だと思っておりませんか?実は、この資格が役立つのは不動産業界だけではないのです。
『建築』であれば自社建築物件の販売に、『金融』であれば不動産の担保評価に、『駐車場関係』であればオーナーとの相談での活用に、そしてもちろん『不動産』であれば仲介業務に必要となっております。
というのも、宅建の試験範囲には、民法や税金関係の科目も含んでいるからです。単に不動産関係の科目だけでなく、宅建士を取得することで、幅広い知識を持ち合わせていることが証明できます。
その為、不動産業界へ役立てたい方はもちろん、今後の為にも何となく資格を取っておきたいとお考えの方には、幅広い知識が身につく国家資格:宅建士がオススメです。もし、宅建士の取得をきっかけに法律系に自信が付いた方は、行政書士や司法書士など更に上の資格を目指すことも可能です。

効率の良い勉強方法が合格への近道!

人気資格には受かり方がある!

人気の国家資格だし、取ってみたいとは思うけど、法律の事も勉強したことがないから自分には難しい、向いていない資格だと考えておりませんか? 確かに、宅建士の受験者数は毎年20万人程度で、合格率は成績上位15~17%程度です。試験問題数は全50問でそれぞれ4つの選択肢から解答していく形です。試験時間が2時間しかない為、1つの選択肢を36秒で見極める必要があります。

勉強時間を増やせば、教科書を何周もすれば、過去問を何度も解けば。。もちろん合格率は上がるかもしれませんが、【勉強方法のコツ】、【一度で理解するコツ】、【問題を解くコツ】を知っていれば、もっと効率よく合格率は上がるのではないでしょうか。また、試験が近くなってくると、点数を伸ばすためには【自分が理解していない分野はどこなのか】を明確にし、的確に復習していく事が重要になってきます。

宅建士の勉強に関しては、法律に関する出題がされることもあり、ほとんどの方が同じスタート地点(=初学者)から出発します。スタートラインが同じなら、合格する為に必要なことは、効率良い勉強方法を知っているかどうか。つまり、【受かり方を知っているか】が重要なのです。

大栄の宅地建物取引士講座  3つのポイント

  • 初心者からでも安心! 大栄オリジナルテキスト

    重要ポイントをわかりやすくまとめたテキスト!出題される7分野のうち、出題率8割以上を占める権利関係・法令上の制限・宅地建物取引業法の主要3分野をそれぞれ1冊ずつにし、残り4分野を1冊にまとめました。最新の情報を盛り込みながら、丸暗記ではなく、大切なポイントが体系的に理解しやすいように工夫されています。

    理解が難しいポイントには図解を配置。例えば「催告権」では、フローとイラストで内容のイメージを高めています。初心者の方でも、効率的に合格ライン突破を目指せる事例中心の理解追求型講義です。

    テキストでは、表や項目分け、箇条書きをふんだんに使い「初心者の方が理解しやすいテキスト」にこだわっています。試験対策学習に慣れていない初心者の方、忙しい社会人の方にとっても最も負担が少ない効率学習を徹底した内容です。

    宅建士試験を研究し尽くした専任講師が監修したテキストでは、法律用語や規定についても、しっかりフォロー。講義とリンクした内容で、ワンセンテンスの中から、重要キーワードやヒッカケワードを見つけ解答を導く独自のテクニックを指導していきます。

  • 長さではなく濃さ! 【インプット:学びながら覚える】+【アウトプット:弱点を効率よく克服】

    いくら知識をインプットしようと、試験本番で時間内に的確にアウトプットできなければ合格はできません。大栄ではインプットの時間を短く濃くすることで、アウトプットの時間を多く設けております。

    インプット:学びながら覚える

    学んだ事をもとに問題が解けるかを各授業後に過去問レベルの問題ですぐ確認! 人は時間が経てば学んだことを忘れていってしまいますが、すぐに問題を解くことで記憶の定着を図り、インプットした時間を無駄にしません。

    アウトプット:弱点を効率よく克服

    試験前にはどこを勉強すれば良いか不安になるもの。上位15%に入り合格するためには、何が足りないか、どこが弱いかを明確にする必要があります。
    大栄では、アナタがどこで間違ったか、どこの分野のどのレベルの知識が弱いのかをデジタル管理!試験直前にはその蓄積されたデータを元に、アナタだけの答案練習問題を生成し、それを克服することで試験に万全の状態で臨めます。

  • 充実の試験対策

    大栄では、直前模試に加え、公開模擬を実施。全国のライバル達との水準を比べることができ、本番さながらの環境で勉強することが可能です。試験内容は講座開発者が法改正を元に毎年作り変えて試験傾向対策もバッチリです。

    全国のライバル達と2時間1本勝負!全力を尽くして上位を目指せ!試験後には弱点が明確に分かる個人成績表がもらえるぞ。

    公開模試と違って直前模試は自分との戦い!2時間で解けるか。公開模試の時の弱点は潰せているか。難易度は試験本番並み! この5回で安定して35点以上を取れるようになれば合格にグッと近づくぞ!

    試験までの2週間は本番までの最終調整に当てよう!新しい問題を解くよりも今までの問題を解き、確実に正解となるよう自信を付けていこう!

試験概要

宅地建物取引士試験は、全国統一の国家試験ですが、制度上は各都道府県知事が国土交通大臣の指定する試験機関[(一財)不動産適正取引推進機構]に試験事務を委任して実施することになっています。試験は、宅地建物取引業に関する実用的知識があるかどうかを判定されるもので、実務とまったくかけ離れた問題が出題されることはありません。

受験資格
年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
試験日
年1回:例年10月第3日曜日
出題形式
4肢択一問題(マークシート)/出題数:50問/試験時間:2時間
試験地
原則として本人が居住する都道府県
合格発表
例年12月上旬。各都道府県の指定の場所に掲示。
なお、合格者には「合格証書」が(一財)不動産適正取引推進機構より郵送。
合格基準
合格ラインは毎年同じではありません。これはその年の受験者数・試験問題の難易度などによって 変わるからです。毎年50問中31問~36問の間で推移しており、72%の36問以上を獲得しておけば 安全圏だといえるでしょう。
宅建士試験 受験者・合格者・合格率推移

最後に!!

大栄の宅建士講座は初心者の方からでも安心して勉強頂けるよう、市販教材は一切必要なし。スクール教材のみで充分に合格をイチから目指せる安心設計です。
宅建士の試験においては、【法律の勉強をするのが初めてで不安な方が多い】のも事実です。ですが、【誰もが初めてだからこそ、コツさえ抑えて勉強すれば、誰でも合格のチャンスがある資格】なのです!

開講講座のご案内

合格コース(本科+答練)

初心者対象の本科講座。宅建士合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図る講座です。

  • 回数
    59回
  • 期間
    6ヶ月~

宅建士本科講座

「民法」「借地借家法」「区分所有法」「不動産登記法」「都市計画法」「建築基準法」「宅地建物取引業法」など宅建士試験合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図る講座です。

  • 回数
    28回
  • 期間
    6ヶ月~

宅建士答練講座

答案練習講座は制限時間内に解けるようにし、受験生の弱点を発見し、その弱点を補強することを目的としている講座です。

  • 回数
    31回
  • 期間
    2ヶ月~

開発者VOICE

楠本邦晴

大栄の宅建士講座は、初学者から合格を目指せる講座として30年以上の歴史があり、その歴史に見合う試験合格ノウハウを積み上げたカリキュラム編成となっています。
過去問題集も過去10年に出題された全問題を収録し、合格に必要な知識はテキストと過去問題集で十分。また、テキストと過去問題集はリンクしており、相互補完しながら、合格に近づけるような設計を心がけています。
得点アップに欠かせない答案練習は、自身の弱点に合わせて問題を変えられる 「ForYou答練」。まずは基礎的知識を習得するために、試験全範囲を一通り練習し、その後レベルアップした答練で試験全範囲を一通り確認した上で、本試験と同型式の模擬試験を全7回受験する流れで、着実に得点アップを狙えます。
私たちと宅建士合格を目指しましょう!

合格体験記

これで勉強から解放されると思いました。

暗記するものを紙に書いて、あちこちに貼ってました。勉強するぞって…