地方上級・国家一般職(大卒程度)コース

地方上級・国家一般職(大卒程度)コースについて

地方上級・国家一般職コースは主に国家一般職・地方上級(都道府県職員・市役所・政令指定都市)を受験予定している方を対象にしたコースです。大卒教養から専門科目まで幅広く学習を行います。





【本科講座】

本科講座は、国家一般職・地方上級試験で出題される大卒教養科目並びに専門科目を基礎から学習する講座です。初めて学習される方はこの講座から始めることが必要です。そのなかでも、大卒教養の主要科目である数的処理(数的推理・判断推理)と専門科目の主要科目である憲法・民法・行政法・経済学は試験対策上必須の科目となります。


講座回数:全165回。下記( )内は講座の回数です。

  • 社会系:政治(8)・経済(5)・社会(2)・時事(2)
  • 人文系:日本史(8)・世界史(8)・地理(5)
  • 自然系:物理(5)・化学(6)・生物(7)・地学(5)
  • 知能系:判断推理(8)・数的推理(8)
  • 法律系:憲法(14)・民法(16)・行政法(13)
  • 経済系:ミクロ経済学(9)・マクロ経済学(9)・財政学(3)
  • 行政系:政治学(9)・行政学(7)
  • 一般論文:課題式論文対策(2)
  • 月例試験(3)
  • 模擬試験(3)
  • ※数学の苦手な方には、早期申込特典として「経済学数学力アップ講座」( 全1回)がつきます。

【直前ゼミ】

直前ゼミは、本試験直前期に実施する実践力養成(問題演習)講座です。本試験直前の総まとめとして、問題演習・ポイント講義を行います。知識の整理を行うだけでなく、合格のための受験テクニックも身につけられます。


講座回数:全30回。下記( )内は講座の回数です。

  • 専門科目(20)
  • 教養科目(10)

【二次試験対策】

二次試験対策は、最終合格を目指した仕上げの講座です。 願書の記入・面接カード作成から模擬面接迄実施。面接対策においては、個別面接・集団面接・集団討論を実施していきます。

講座DATA
回数期間
197回 6ヶ月〜