医療事務資格講座によくある質問

どんな医療事務試験を受験するのですか?

医療事務に関する試験には、専門学校や業務育成機関など民間団体が実施するものなど様々ありますが、大栄では『診療報酬請求事務能力認定試験』と呼ばれる厚生労働大臣認可の財団(財団法人日本医療保険事務協会)が実施する試験を受験していきます。

医療事務の試験はいつ行われるのですか?

医療事務の試験(診療報酬請求事務能力認定試験)は年2回実施されます。毎年7月・12月の日曜日又は祝日で13時から16時までの3時間です。合格発表は約2ヵ月後となります

医療事務試験はどのような形式ですか?

医療事務の試験は学科と実技(レセプト作成)となっております。試験には、診療報酬点数表、その他の資料が持ち込み可能となっております。

医療事務試験の合格率などはどのようになっていますか?

過去に実施された医療事務試験(診療報酬請求事務能力認定試験)では、平均30%程度の合格率となっております。試験は学科・実技ともに合格基準点が設定されている(非公開である)ため、両方ともに合格基準点をクリアしていないと合格とはなりません。
医療事務の現場で働く人材の能力を証明するスタンダードな資格です。