公務員受験講座によくある質問

「直前ゼミ」って何ですか?

過去3〜10年間の出題基準を内容範囲で分析し、大栄オリジナルの問題演習を通じて本科講座で養った力を確認するとともに、弱点補強も行います。本試験を意識した実践的な問題演習講座です。 実施時期は本試験1ヶ月前です。直前ゼミであなたを完全武装します。

入学時に受験職種を決めておかないといけないのですか?

必ずしも決定していただく必要はありません。本校の場合、公務員のほとんどの職種に対応した学習コースにご入学をしていただくシステムを採用しております。

卒業して時間が経っているのですが…

大丈夫です。公務員受験はあくまでも受験勉強の一つにしか過ぎません。したがって、在学・既卒を問わず、勉強の対策はほとんどの方が初めてと言っても過言ではありません。

アルバイト(仕事)をしているのですが大丈夫でしょうか?

アルバイトをする必要がないのであれば、それにこしたことはありません。しかし、必要があるのであれば、アルバイトも止むを得ないことです。ただし、一つ心得ておきたいことは、どちらが大切かということです。決してアルバイトに流されることなく、自分の目標に向かって有意義に時間を活用することが重要です。

面接が苦手なのですが、どうしたらよいでしょうか?

面接は自分の経験を通して「感じたこと」「事前事後の考え方の変化」「行動して得たもの・こと」といった『自分の歴史の過去・現在・未来を語る場』だと思ってください。

民間企業との併願は可能ですか?

併願は可能ですが、併願される方は公務員試験の対策を早期に始める必要があります。
公務員試験の学習範囲はかなり広いものとなります。そこで、民間企業との併願を考えている方は、公務員試験専願の方に劣らないだけの『学習時間』を確保することが必要になります。

都道府県庁上級試験と国家一般職(大卒程度)試験ではどちらの問題が難しいですか?

個々の共通科目を比較しますと、都道府県庁上級試験の方が各々問題の難易度は高い傾向にあります。併願受験を考えているのでしたら、出題科目が多く問題の難易度が高い地方上級向けの対策をされる方が得策と言えます。

文学部の学生ですが、法律や経済の授業についていけるでしょうか?

大丈夫です!資格スクール 大栄(DAIEI)では、初めて勉強される方でも理解できるように、基礎から応用まで無理のないカリキュラムで授業を進めていきます。また、質問も自由にできますので、その場で疑問点も解消します。安心して受講してください。

試験に出題される科目と問題のレベルはどうなっていますか?

地方中上級/国家一般職(大卒程度)
【教養試験】では高等学校で履修する国語・数学・理科・社会・英語の5教科の他に、公務員試験特有の科目である判断推理・数的推理・資料解釈等が出題されます。レベルは大学入試程度です。しかし、その基礎は中学や高校で学習した内容ですので、問題演習等を実践しながら試験に出題される範囲を確認しましょう。
【専門試験】は(事務職について見ますと)、法律系・行政系・経済系等の分野から出題されます。これらは大学の講義等で習うものとはまた別物です。早期に学習を始めて対策を講じることが肝要です。
地方初級/国家一般職(高卒者)
高等学校で履修する国語・数学・理科・社会・英語の5教科の他に、公務員試験特有の科目である判断推理・数的推理・資料解釈などが出題されます。レベルは中学2年生から高校1年生までの範囲ですから、高校1年生までに学習した内容を理解しておけば大丈夫でしょう。しかし、社会や経済の動向に大きく左右されますから、特別に試験対策を講じる必要があると言えます。

小論文を書いたことがないんですが、指導はやってもらえますか?

小論文を書くには訓練が必要です。そのための基本的な取り組み方や対策を担当が指導します。ただ事前準備として、入学時に配布します「論文・作文テキスト」を参照することをお勧めします。

国家一般職(高卒者)と地方初級(都道府県)の問題難易度はどうなっていますか?

地方初級/国家一般職(高卒者)・地方初級ともに試験は高校卒業程度となっています。ただ、一般に言われている高校卒業程度の試験の問題難易度は、レベルの高い順に地方初級/国家一般職(高卒者)、地方初級、市役所となります。

作文が苦手なんですが。

作文は多くの受験生が苦手とするところです。苦手意識を捨てて、まず、文章を書いてみましょう。1カ月に1回または2回書いてみてください。近くに読んでくれる人がいたら、読んでもらい、アドバイスをしてもらうことが文章を上手に書くコツと言えます。

現在、商業高校に通っていて、理系科目はほとんど勉強していません。大丈夫でしょうか?

理系科目の構成比は13〜15%と、決して大きいとは言えませんから、得意科目や社会系科目で得点を伸ばすことでカバーできます。内容は中学2年生〜高校1年生で学習するものが大半ですから、はじめから諦めるのではなく、中学の復習から始めていくと良いでしょう。

大学進学か公務員に就職するか迷っているんですが。

最も大切なことは自分が何をやりたいのかということです。自分の夢を実現するために大学に進学するのか、就職した方が良いのか?ご両親や学校の先生方とよく相談してみてください。

資格をとるなら 資格スクール 大栄

お電話でのお問い合わせは各教室までお気軽に
北信越 北海道 東北 九州沖縄 関東 東海 関西 中国・四国

通信講座ネバギバ

CMギャラリー

キャンペーン情報

全額OFF

公務員講座

日商簿記3講座

医療事務合格パック

医療事務合格パック

社労士合格パック

宅建合格パック

司法書士講座

通信講座 受講生の方

受講ログイン