行政書士資格講座の特長

わかりやすい教材

行政書士試験ほど幅広く出題される国家試験も少ないと思います。
その理由は、行政書士業務そのものが非常に幅広いため、試験範囲も広くしているようです。
平成11年までは、「浅く広く」という学習方法でも十分合格できましたが、平成12年以降は、「広く深く」という学習方法でなければ太刀打ちできなくなってきました。

しかし、社会人受験生は時間に限りがあります。したがって、「できるだけ効率の良い学習方法」を求めているのではないでしょうか。 資格スクール 大栄の各教材は、長年の受験指導ノウハウを結集し、知らず知らずの間に、効率良く実力アップが図れるオリジナル教材を使用しています。

テキスト

法令科目ごとに構成。基本的事項の習得と理解を主眼とした内容で、わかりやすい表現を用い、重要ポイントも明確にされています。
実際に講義を行っている講師が作成しているため、学習中におちいりやすいポイントやわかりにくいポイントをしっかり解説しています。

答案練習問題

行政書士試験は、平成12年に初めての制度変更があり、平成18年は2回目の変更となりました。基本的な内容は過去本試験問題でも十分に正解に導く力を養成できますが、傾向変化の大きな科目や問題については、質の高い予想問題が欠かせません。質が高く傾向に沿った予想問題が「答案練習問題」です。

模擬試験問題・個人別成績表

「本試験が年2回あったら…」とつぶやく受験生は多いようです。それは、「本試験受験経験を得れば」という意味もあると思います。「本試験さながらの経験を得られる」、それが「全国統一公開模擬試験」です。
さらに試験後のフォローも万全。試験後約2週間で、コンピュータ分析による個人成績表をお渡しいたします。これを見れば弱点が明らかになっていますので、本試験までに総チェックをし、弱点補強ができます。